くせ毛研究室

 くせ毛研究室   〜髪に安全、健康にくせ毛対策を〜

TOP はじめに くせ毛について 縮毛矯正について 石鹸シャンプーについて
静電気について 毛穴と頭皮(地肌)について くせ毛コラム 免責事項 リンク(くせ毛サイト)

くせ毛研究室TOPくせ毛コラム

 くせ毛コラム  くせ毛の意外な価値観
 ・ 私がくせ毛になった日  
中学生の頃はくせ毛はふわっとひろがると、頭も大きく見えてしまうので、
できるだけコンパクトにならないものかと、普段はたいてい束ねていたり、
ムースやジェルなどの整髪剤で落ち着かせたりしていました。


髪の毛をショートにしたときは束ねることはできませんし、整髪剤をつけたところで完全に
クセが出なくなるわけではありません。

だんだん学習してくると、整髪剤のつけすぎはかえって髪をどんよりさせてしまい、
ちょっとあやしくなることが分かってきますので量を少なめにしていました。


ところが、そういうクセが目立つ髪形のときに、なぜか近所や親戚の大人の方達は、
みんな決まって
”パーマかけてるの? え? くせ毛? パーマ代がかからなくてうらやましい。いいな〜”
と言うのです。

うらやましい!?!?


当時の学校は、ちょっとした”ストレートブーム”
まっすぐでサラサラの人が崇拝されていたような雰囲気さえあったのです。


それなのに、うらやましい!?
大人って、見る目が違うというか、センスがないというか、どうしてこんな発想が
できるのだろうと、そう言われるたびに不思議なものでした。





高校生の頃、水泳の授業が終わり、髪を乾かすために結わえていた髪をほどくと、
友達数人が、”あれ?パーマかけてたの?” と集まってきました。
”これくせ毛だよ” と答えると、
”ええーー!!!!いいな〜、うらやましい!その髪、もっといかすべきだよ”
と、意外な言葉が返ってきました。

まさか、同年代の人にうらやましがられるなんて。
この人たち、正気?  最初は信じられませんでした。


この時からまわりをよく見てみると、もともとストレートの人たちがわざわざパーマを
かけていることに気づきました。
校則がゆるやかだったので、パーマをかけている人はかなり多い。


自分のくせ毛がどう見られているのかが気になってばかりで、まわりの人たちがパーマを
かけていることに気づかなかったのです。

自分はまわりの人の髪型をぜんぜん見ていなかった。
つまり、まわりの人も私の髪型にそれほど興味もないし、たいして見ていない。




くせ毛に対する思い込みや価値観が少し変わった出来事でした。
そしてこのことをきっかけに、くせ毛もいかせることもある という発想も持てるようになりました。



 このページのTOPへ
 ・ くせ毛の意外な価値観
 ・ アイロンとストーブ
 ・ マンガやアニメの主人公 
 ・ くせ毛とくせ毛風パーマ
            copyright(C) くせ毛研究室 All rights reserved
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO